現役風俗ライターが雑誌の企画用に取り貯めたネタや取材記録など未掲載記事も含む“ネタ帳”の中身を公開中。  ___ψ(‥ ) カキカキ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

盗撮の手口から学ぶ防御術

光学機器はどんどんハイテク化が進み、手の平に収まるほどの超小型カメラでかなり高画質な映像が撮れるようになってきた。
もちろん、これらは盗撮目的として作られたわけではなく、防犯や災害救助、医療などの目的に研究開発されているが、それらが盗撮カメラに転用されているのが現状だ。

最新鋭の技術が搭載された小型高性能カメラが使われた日には、いつどこで狙われているのか女性にとっては戦々恐々の毎日だろう。
そこで盗撮師がどんな手口で盗撮しているのかを知って、その防衛術を知ってもらいたい。

まず狙われる場所。

1、公共浴場。露天風呂や銭湯、アミューズメントスパなどで狙っている。またそれらに伴う更衣室や脱衣所。
2、トイレ。駅、公園、ファーストフード店、パチンコ店、デパートなどあらゆる公共トイレ。
3、民家。特に一人暮らし用のアパートやマンション。管理人が仕掛けていることもある。
4、エスカレーター。背後についても怪しまれないため、被害が多い。特に上りエスカレーターで一段低い場所から狙う。
5、コンビニ&本屋。立ち読みに夢中になっている女性を背後から狙うことが多い。
6、フリマ&イベント会場。フリマは店側の客側も座っていることが多いため、パンチラや胸チラを狙われる。イベント会場なども同様だ。

具体的な盗撮方法。

女性しか入れない公共浴場などの場合は、同性である女性が一般客を装って盗撮師となることが多い。カバンやシャンプー容器などに超小型CCDカメラを仕込んで、レンズ部分に開けた穴から狙うため、挙動不審な行動を取らない限りほとんど撮られていることが分からない。同性を売る卑劣な犯行だ。
撮影部と記憶媒体部が別々で電波で映像を外部に送っているため超小型化され、カメラを持っているなどとは夢にも思わないはずだ。
露天風呂の場合は、木々が生い茂った場所や岩場にカモフラージュさせるように固定カメラを仕掛けて盗撮する。近くにテントを張ってコードを引いてその中で画像をチェックしながら録画している輩もいるくらいだ。

トイレの場合は、女性が隣の個室から下の隙間を利用して盗撮する方法と芳香剤などの小物などに小型カメラを仕掛ける2通りの盗撮方法が用いられる。
前者の方は超小型CCDカメラをちょこっとだけ出すので、背後や横から狙われたらほとんど気付かないだろう。ましてやシャッター音がしない動画撮影なら気付けと言うほうが無理がある。
後者は芳香剤、ダストボックス、鉢などの小物、予備のトイレットペーパー、貯水タンクの下、便器の裏と隠す場所は意外と多い。電波式の小型カメラならちょっとした空間に忍ばせられるので、よっぽど注意しないと気付かない。

民家の場合は、人通りの少ない路地裏に面した浴場の窓から入浴姿を盗撮するか望遠レンズなどを使って室内での着替えやオナニーを盗撮する2通りが主流。
あらかじめ天井などに小型カメラを仕掛けてひとり暮らしの女性や新婚夫婦の寝室を狙う悪質大家などもいるらしい。こうなるともう防ぎようがない。

エスカレーターやコンビニなど背後から狙う場合は、ほとんどがカバンや靴に超小型CCDカメラを仕込んで直下から逆さ撮りする方法だ。下手な人だとカバンが足に触れたり、不自然にスカートの中にカバンを押し込んだりしているので周りから見てバレることが多いが、上手い人だとほとんどバレない。

フリマやイベント会場、路上などの場合は、望遠レンズを使ってかなり離れた場所からパンチラなどを狙っているので撮られたことに気付かない人が多い。

ラブホの場合は、9割以上がベッドの真上の天井に仕掛けている。ほとんどが電波で映像を飛ばして近くの車内などで録画しているが、最近では小型化したHDDなどを一緒に天井に置いて高画質映像を盗撮する集団もいる。
放置しても電気の要求が受けやすいこういった場所は、やる方も大胆な方法に出ることが多い。

最後に防御術。

トイレなどではとにかく置いてある小物にチェックすればある程度は防げる。動かせる鉢や芳香剤などは向きを変えるだけで簡単に防ぐことが出来る。
死角になりやすい貯水タンクの下もちょっと無理して覗き込めばあるかないか分かるし、難しいようなら手探りで調べてもいいだろう。

公共浴場の場合は、持っている風呂桶などをチェック。銭湯では自前のモノを持っていかなければならないが、スパやサウナ、最新の温泉施設にはボディソープやシャンプーが備え付けられているので自前の風呂桶やそれにシャンプーなどを入れて持っていくという人は極稀。そういう施設で風呂桶などカメラを忍ばせそうな物を持っている若い女がいたら要注意だ。

エスカレーターやコンビニなどの背後盗撮の場合は、常に背後をチェックするしかないが、股を閉じているだけで盗撮されにくいので肩幅より開いてる人は閉じるように心がけよう。

電波で映像を送る盗撮の場合は、盗撮発見器を使って調べるしかありませんが、そんな機器を持ってたら逆に怪しまれるのが落ち。盗撮妨害器なるものがあるので、映像を見れなくするようにすれば最低限、自分だけは防ぐことができる。

こんなものもあるので、女性の方は持ってみてはいかがでしょう?

ヤザワ 盗聴・盗撮探知器 SE15ヤザワ 盗聴・盗撮探知器 SE15
¥1,706

商品詳細を見る


防犯探知機 盗聴・盗撮 探知機 グリーン/ホワイト SEA-123G防犯探知機 盗聴・盗撮 探知機 グリーン/ホワイト SEA-123G
¥2,520

商品詳細を見る
[ 2009/03/10 00:00 ] アングラ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
16840位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
675位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。